あたまの健康チェック®

あたまの健康チェック®とは

あたまの健康チェック®でのチェック方法 これまでの認知機能検査でのチェック方法

従来の認知機能検査は、健常群と認知症群を簡易に判別することを目的に主に高齢者向けに医療機関で用いられていましたが、 若年層や認知機能低下の微細なより早期のチェックには不向きな側面がありました。

あたまの健康チェック®は、これまで難しいとされていた微細な認知機能の変化(健常群~前臨床期群~MCI群)を短時間で、 簡易かつ高精度で確認できる健常者のための最新認知機能チェックサービスです。

ご自宅などから、10分間のコールセンターを通じた簡単な応答を行うだけで、ご自身の認知機能を人口統計学的に客観的に評価、確認いただけ、 チェックの結果は、ご指定の郵送先に1週間程度でお届け致します。リスク要因となる疾病・疾患の罹患率の高まる50代から年1回の受検が勧められます。

あたまの健康チェック®は、国際的にもトップクラスの高精度を誇り、 国内では、国立研究センター、医療機関、健診センター、自治体、企業団体など広域に利用されているサービスです。

私たちの認知機能は、様々なリスク要因の影響により気づかないうちに微細に変化するものです。認知機能低下のリスク要因のコントロールをすることは将来の認知症リスクを予防することに繋がるとされています。

ご自身のあたまの健康状態を把握するため40歳代以上で、リスク要因に1つでも該当する方や「もの忘れ」かなっと気になったことがある方、ご家族などに「もの忘れ」を指摘されたことがある方は年に1度の定期チェックをはじめましょう。

あたまの健康チェック®は、ご自宅で受けられる健康な方のための認知機能検査サービスです。

10分間ご自宅で簡単チェック あたまの健康チェック®受検証 販売価格:3,500円(税抜) ご購入はこちらから

認知機能低下のリスク要因

  • 糖尿病
  • ホルモン異常
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 甲伏線機能異常
  • うつ
  • 高コレステロール
  • ビタミンB12欠乏
  • ストレスや不安
  • メタボ
  • SAS
  • 喫煙歴
  • 頭部外傷歴
  • 脳卒中
  • 不規則な食生活
  • アルコール依存
  • 心疾患
  • 運動不足 等

これらは、認知機能の低下が伴うことが分かっています。 まずは、ご自身のあたまの健康状態を知りましょう!

あたまの健康チェック®受検証の流れ

お電話でのテストとなりますので、電波状況など途中で通話が切れない環境での受験をお願いします。
適切なテスト実施のため静かでリラックスできる状況での受験をお願いします。

  1. あたまの健康チェック®の受検証をお求めください

    「購入する」ボタンより購入手続きを進めてください。
    購入ページではお届け先の指定やお支払方法などを選ぶことができます。
    お支払い後、お届けまでの目安は2~3日程度です。

  2. フリーダイヤルへお電話ください

    受検証に記載のあたまの健康チェック®専用フリーダイヤルまでお電話ください。
    携帯電話からもご利用になれます。

  3. 10分間の認知機能チェックを行います。

    受検証に記載のPIN番号をオペレーターへお伝えください。
    オペレーターより結果レポート郵送先など基本情報をお伺いいたします。
    オペレーターの指示に従い、10分間の認知機能(記憶)チェックを行います。

  4. 結果をレポートでご郵送いたします。

    チェックの結果レポートは受検者指定の郵送先へ郵送されます。
    通常1週間程度で到着いたします。

  • お電話でのテストとなりますので、電波状況など途中で通話が切れない環境での受検をお願いします。
  • 適切なテスト実施のため静かでリラックスできる状況での受験をお願いします。

10分間ご自宅で簡単チェック あたまの健康チェック®受検証 販売価格:3,500円(税抜) ご購入はこちらから

関連データ・統計

2025年、国民の3人に1人が高齢者

2025年3人に1人が65歳以上

高齢者の5人に2人が認知症か予備軍 認知症人口:700万人

高齢者の5人に2人とは?

介護が必要となった主な原因

介護が必要となった原因ランキング

国内の年間認知症社会コスト

なぜMCIに注目?

社会的に自立しているので誰も気づかない

予備軍MCI:高い認知症への移行率

1年 10% 4年 48%

予備活動の効果が期待される

MCI(Mild Cognitive Impairment)とは

様々なリスク要因の影響で認知機能が低下した状態で正常な「もの忘れ」と「認知症」の間に位置するグレーゾーン。
日常生活や社会活動に影響しない自立した状態のためこれまで多くの場合、見落とされてきました。
MCIの状態は、認知症に移行しやすいハイリスク群といわれますが、
リスク要因の管理・治療や生活習慣の改善などの予防活動の効果が大きく期待されており
定期的チェックによる早期の気づきと対処が重要とされています。

MCI:
  1. 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
  2. 日常生活動作は正常
  3. 全般的認知機能は正常
  4. 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
  5. 認知症ではない

(Ref: Petersen RC et al. Arch Neurol 2001)

50代からのチェック習慣が推奨されています

2025年には、認知症人口は現在の462万人から700万人へ大幅に増加すると推計されています。
認知症の罹患率は、60代から上昇しはじめることが様々なデータから分かっています。
糖尿病をはじめとする生活習慣病は、認知機能低下の大きなリスク要因であることが分かっています。
特に50歳代からは生活習慣病の人口が急増するため、認知機能の定期チェック習慣をこころがけ、わずかな変化にも早期に気づけるよう心がけましょう。

  • 2025年 認知症人口が700万人へ
  • 認知症罹患率は60代から上昇
  • 認知症のリスク要因(生活習慣病等)の罹患率が上がるのが50代
  • 2025年に60代になるのが現在の50代

最近の研究では、リスク要因の改善や適度な運動、生活習慣の改善などの予防活動を行うことにより認知機能の維持・向上に寄与することが分かってきています。
あたまの健康チェック®は、健康な方が現在のあたまの健康状態を確認するのに適した簡易チェックです。
定期的なあたまの健康チェック®を行い、微細な認知機能の変化に早期に気付くことは、あたまの健康増進に向けた活動意欲のおおきなきっかけにもなります。
50歳代からは年に1回。定期的なあたまの健康チェック®習慣を心がけましょう。

こんな方は、今すぐチェック!!

認知症の発送率は、50歳代での生活習慣により大きく変化します。
ご自身のリスクとあたまの健康状態を把握し正しい予防習慣をみにつけましょう。

あなたはいくつ当てはまりますか?

様々な領域での活躍が進んでいます

あたまの健康チェックは、
健康な方(健常~MCI)のためのこれまでにない
最新の高精度な認知機能検査法です。

全国の医療機関、検診、脳ドック、地方自治体、
企業、国立研究機関などで広く採用されています。

2016年からは、認知症予防を目指した
国のプロジェクトIROOP(アイループ)においても
指定認知機能検査法として採用されています。

10分間ご自宅で簡単チェック あたまの健康チェック®受検証 販売価格:3,500円(税抜) ご購入はこちらから

あたまの健康増進&認知機能低下の予防のために

まずは、ご自身の認知機能の状態を把握しましょう。
そして、認知機能低下のリスク要因を知り、
該当する場合には医師の指示の下、
それらを正しく管理しましょう。

  1. 認知機能の状態を知る
  2. 認知機能低下のリスク要因を知る
  3. 認知機能低下のリスク要因を管理する

厚生労働省は、食事改善や運動などの生活習慣の改善が認知機能の健康増進に寄与するとしています。
生活習慣病を予防することは認知機能低下を予防することにも繋がるとされています。

  • まずは、認知機能に関与する
    リスク要因を知りましょう

  • あたまの健康チェック®
    記憶の状態を定期チェック

  • お医者さんと
    認知機能に関与する
    リスク要因を管理しましょう

  • バランス良い食生活を
    取り入れましょう

  • 健全な睡眠を取るように
    心がけましょう

  • 禁煙を心がけましょう

  • 適度な運動習慣を
    日常に取り入れましょう

  • ストレス解消!!
    余暇や趣味、社会との繋がりを
    積極的に楽しみましょう

MCIとわかった時はどうすればいいの?

MCIは、認知症ではなく生活習慣やリスク要因の影響などにより
認知機能が低下している状態です。
そのままの状態で放置せず、リスク要因を解消したり
日常では、以下のポイントを心がけましょう。

以下のポイントを心がけましょう

  • 早期発見の定期チェックを

    糖尿病やメタボなどをはじめとする生活習慣病は、認知機能低下の大きなリスク要因とされています。 特に糖尿病は、国内患者人口(予備軍含む)が2,100万人と非常に多く、特に50歳代以上で急増するリスク要因です。 厚生労働省の発表によると4人に1人以上がメタボであるとされ、今後も認知機能の定期チェックがより一層一般的となってくることが予見されます。 初めは単なる物忘れだと思っていても、それは加齢に伴うもの忘れとは異なるリスク要因の影響からくるものかもしれません。 微細な認知機能の変化を早期に発見が出来れば、最近の研究では、 リスク要因の改善や適度な運動、生活習慣の改善などを行うことにより認知機能が向上、改善するケースがあることも分かってきています。
    あたまの健康チェックは、現在のあたまの健康状態を数値で把握ができると共に微細な認知機能の変化に早期に気付くきっかけにもなります。定期的なあたまの健康チェック®を行い、健康増進の習慣を身に着けましょう。
    ご自身の記憶力などに 不安を感じられたらまずは近隣のかかりつけ医へ相談してみましょう。

  • ハイリスク

    認知機能のハイリスク状態とは、認知機能が年齢経過の統計的平均よりも低下している状態を指します。
    この状態のまま放置した場合であっても、深刻な認知機能低下が起こらないケースもあるとされていますが、 その後の予防やリスク要因の治療なしに放置された場合、認知症へと進行するケースもあると報告されています。 厚生労働省も食事改善や運動などの生活習慣の改善が認知機能の健康増進に寄与するとしています。生活習慣病を予防することは認知機能低下を予防することにも繋がるとされています。

    • 食生活に気をつけましょう
    • 生活を楽しみましょう
    • 適度な運動を行いましょう
    • 人と積極的に交流しましょう

    (東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課認知症支援係 「知って安心認知症」より)

  • 簡易で高精度

    あたまの健康チェックとは、10分程度のコールセンターを通じた簡単な応答を行うだけで、 認知機能を人口統計学的に客観的に比較分類し、これまで難しいとされていた微細な認知機能の変化を専門知識や経験に頼る事なく高精度で確認するスケールです。
    国際的にもトップクラスの高精度を保ちながら、テストは電話でオペレーターとのやり取りの10分程度で終わるシンプルなものです。
    あたまの健康チェックは認知機能を人口統計学的に比較分類し、確認することを目的とし、認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、 あるいは、治療する、予防することを目的としたものではありません。
    ご自身の記憶力などに 不安を感じられたらまずは近隣のかかりつけ医へ相談してみましょう。

10分間ご自宅で簡単チェック あたまの健康チェック®受検証 販売価格:3,500円(税抜) ご購入はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事一覧