老人性難聴

老人性難聴

「聞こえ」の力は老化が進むにつれ、衰えていくことは誰もがなりえる事です。この加齢による聴覚障害は様々な要因によって起こります。例えば、脳機能の低下、また言葉を認識する認知機能が低下することにより起こることも考えられます。

このため、単純に音が聞こえにくくなるだけではなく、音がどの方向、どこから聞こえているのかがわかりにくくなることや、大勢で同時に話していると会話を聞き逃してしまうことがあります。また、ゆっくり話してもらわないと聞き取りにくいという症状が現れます。

老人性難聴は年をとるにつれ、発生の頻度が高くなっていきます。

65歳以上で25~40%、75歳以上になると40~66%、そして85歳以上では80%以上に達すると云われ、65歳以上で老人性難聴と診断される方は約1700万人にのぼると推測されています。

老人性難聴の特徴

老人性難聴は老化が原因です。年齢を重ねると、体にさまざまな変化が起こります。耳も歳をつるごとに聞こえが悪くなって行きます。

老人性難聴は、

  • 両耳(右、左)の聴力が下がる
  • 高い音から少しずつ聞こえづらくなる
  • 音自体は聞こえるが、何を言っているかが理解できない

というのが老人性難聴なのです。

老人性難聴は、急にまったく聞こえなくなるということにはならず、高い音からききとりにくくなっていき、進行していくと普通の会話もききとりにくくなっていくのです。

そして、言葉を聞く力が落ちていけば、音は聞き取れたとしても、何を話しているのかが分からないという言葉の粒がわからなくなるという症状がでてきます。

老人性難聴の原因

老人性難聴は「加齢」が原因で起こります。内耳にある蝸牛という部分には、音を感じとる細胞「有毛細胞」があります。年齢を重ねれば有毛細胞も抜け落ち減ります。また、内耳~脳までの間に問題が起こることや、蝸牛や聴神経に何らかの異変が起きることが原因となっています。

老人性難聴を遅らせるには

難聴の進み具合を遅くることが重要です。

難聴の進み具合を遅くすることは、意識すると良いことは「ストレスをできるだけためないようにする」「耳の血流を良くする(改善する)」「大きな音を避け、負担を軽減する」の大きく3つです。

ストレスをためない

過度なストレスは、難聴の原因になる場合もあります。趣味に没頭する時間をつくることや、気分転換をすることにより、ストレスを発散するようにしましょう。また、適度に身体を動かすのもストレス発散になります。ただし、無理をしてしまうと精神的、肉体的に負担になる恐れがありますので、無理のない範囲で長期的に続ける運動を取り入れるようにしましょう。

血の流れを良くする

耳の血液の流れが悪くなると、脳への神経伝達が十分に行われなくなります。血液の流れを良くするには、バランスの取れた食事を行い、適度な運動を取り入れることが重要です。難聴を防ぐことに良いとされる食べ物をここであげていきます。

耳の治療には、ビタミン剤の投与が行われることがよくあります。主にビタミンEやビタミンBが良いとされ、ビタミンB1の効果として、神経を良好にすることです。ビタミンB1を多く含む代表的な食べ物は、豚モモ肉・豚ヒレ肉等の肉類や、大豆、小豆などの豆類、そしてうなぎなどがあげられます。中でも豚肉には豊富にビタミンB1が含まれています。

ビタミンB2は成長を促すビタミンといわれ、防止作用があります。ビタミンB2がある食べ物には、レバー・納豆・牛乳・うなぎなどがあります。中でも牛や豚のレバーは豊富です。

ビタミンEは老化を防ぐ高酸化作用があり、高い効果が期待できます。アーモンドや植物油などにも多く含まれています。

一例ではありますが、特に加齢にともなう身体の変化を感じている人はぜひ取り入れてみて下さい。

大きな音を避ける

大きな音や騒音を聞く頻度が増えると、難聴が加速してしまう可能性が高いと云われています。大きな音や騒音は、コンサートや工事現場などだけではありません。

高速道路や幹線道路、線路近くにお住まいの方は、騒音に常にさらされている可能性がありますので、一度お住まいの環境面を確認してみてはどうでしょうか。騒音レベルが高ければ、窓を防音ガラスに変えてみる、または防音カバーを取り付ける、背の高い家具を置くことにより音を防ぐ等、引越しを考えなくても騒音を避けることは可能です。

知らない間に騒音に慣れてしまっていないか、一度確認することをオススメします。

症状が進行すると、日常生活の中で様々な支障が出てしまいます。(下記例)

  • 病院や銀行などで名前を呼ばれても気づかない
  • 車の近づいてくる音や、クラクションを鳴らされても気づかない
  • 玄関の呼び鈴(チャイム)や携帯電話の着信音などに気がつけない
  • 聞き間違いや聞き返しが増えてコミュニケーションがとりづらくなる
  • 人の話を最後まで聞かないと思われる

音は、日常生活で合図として使われています。合図に気づかないことで、身体への危険が増えてしまうことや、不便なことが多くなってしまいます。また、人との会話がわからず、人と話すのが嫌になり、人間関係が上手くいかなくなってしまう可能性もあるのです。場合によっては、社会や家族から孤立してしまう人や、抑うつ状態になってしまう人もいるようです。

このように、難聴は聞こえが悪くなるだけではありません。周囲との人間関係や精神的にも影響がでることがあるかもしれません。「少し聞こえが悪くなっただけ」と軽く捉えずに、聞こえが悪くなったことを自分自身が自覚し、日常生活の中で改善を試みる等のきちんとした対処をすることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脳の働きのついて

まずは無料相談から

ご相談内容(複数選択可)

お電話でのお問い合わせ【受付時間:月-金 9:00~17:00】

0120-133-958

新着記事一覧