IPhoneが補聴器の代わりになるって本当?

ライブリスニング機能

補聴器の代わりになると噂のライブリスニング機能はご存知ですか?

ライブリスニング機能は、iOS14.3以降のiPhoneに搭載されている、スマホが集めた音をAir Podsで聞くことができる機能です。周囲の音を大きく聞けることから補聴器の代わりになると言われています。

ただ、補聴器店のスタッフとして言わせて頂くと、ライブリスニング機能を補聴器として使うのは難しいです。ライブリスニング機能自体、iPhoneのお役立ち機能のひとつ。

補聴器として日常的に使うのは現実的ではありません。そこで今回はライブリスニング機能についてご紹介します。

この記事を書いた人
山田 元一(やまだ もとかず きこえのお助け隊
「最近聞こえが悪くなった…」このような悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。しかし、聞こえについて相談できる人や、機会はそう多くないのが現状。これまで補聴器の相談を100件以上承ってきた私が、補聴器や聞こえ全般に関する情報を余すことなくお伝えいたします。

<目次>

  1. ライブリスニング機能とは
    1. 基本Air Pods系しか使えない
    2. 設定の仕方
  2. ライブリスニング機能を補聴器の代わりになるの?
    1. 音がうるさいと感じることがある
    2. 実際に耳で効く音とは違う
  3. 補助機能としては非常の優秀!ライブリスニング機能のメリット
    1. 補聴器の代用として
    2. 離れた場所の音を聞きたい時
  4. 補聴器がAir podsの代わりになる!?

ライブリスニング機能とは

代わり

ライブリスニング機能とは、iPhone周辺の音を集めBluetoothで接続されたイヤホンを介して音を聞く機能です。これにより、特定の状況下(騒音の多い環境での会話)で音が聞こえやすくなります。きこえが悪い方のサポートとしてライブリスニング機能が搭載されています。

基本Air Pods系しか使えない

ライブリスニング機能を使えるワイヤレスイヤホンは、Air Pods、Air Pods Pro、Air Pods MaxなどApple社が販売しているH1チップを搭載してる器種になります。最近人気の中華イヤホンではライブリスニング機能は使用できません。Air Podsは16,800円から購入できます。

設定の仕方

ライブリスニング機能を使用するには、まずコントロールセンターに聴覚アイコンを追加する必要があります。

設定>コントロールセンター>聴覚

上記の手順でコントロールセンターに聴覚アイコンが追加されます。後はライブリスニング機能をオンにするだけです。事前にAir Podsはペアリングしておきましょう。

ライブリスニング機能を補聴器の代わりになるの?

冒頭でもお伝えしましたが、ライブリスニング機能を補聴器として日常的に使用することは難しいです。

理由は次の通りです。

・音がうるさいと感じることがある
・耳で聞く音とは違う

次で上から順にご説明します。

音がうるさいと感じることがある

スマホの音量設定とは関係なく、音がうるさいと感じることがあります。聞こえが悪いと一口に言っても、音の大きさだけでは解決しません。音の高低も重要です。

特に高齢者の難聴はチャイムや体温計の音など高音域が聞き取りにくい傾向にあります。

高音域が聞き取りにくいのであれば、高音域だけ増幅する必要があるのです。低音域も一緒に増幅ずると、低音域の聞こえに邪魔されて高音域は聞こえにくいままです。

ライブリスニング機能は音の高低まで調整することは難しいです。

実際に耳で効く音とは違う

ライブリスニング機能で聞く音は実際に耳で聞く音とは違います。ライブリスニング機能で聞く音は、スマホ周辺の音。

つまり、胸ポケットやズボンにスマホがあれば、胸や足付近の音を聞くということです。衣服にいれた場合は衣ずれの音も聞こえます。

会話時にはiPhoneを相手の口または自分の耳に近づけておく必要があることから、補聴器として使うのは現実的ではありません。

以上の理由から、ライブリスニング機能を補聴器として使用するのはおすすめしません。ただ、補聴器の補助機能として素晴らしい一面もあります。

そこで、次に補聴器の補助機能としてライブリスニング機能を使用するメリットをご紹介します。

補助機能としては非常の優秀!ライブリスニング機能のメリット

ライブリスニング機能のメリットは次の通りです。

・補聴器の代用として
・離れた場所の音を聞きたい時

次で上から順にご説明します。

補聴器の代用として

補聴器が動かない時にライブリスニング機能があれば便利です。急な電池切れや補聴器を修理に出している時などが挙げられます。補聴器が使用できない時の一時的な代用におすすめ。

Air Podsを持っているAppleユーザーに是非覚えておいてほしい機能です。

離れた場所の音を聞きたい時

少し離れた場所の音を聞きたい時にライブリスニング機能は便利です。例えばテレビの近くにスマホ置けば、距離があってもテレビの音を聞けます。

講演会や会議の時にも応用でき、演台にiPhoneを置くと周囲に邪魔されず演者の声を聞くことができるのです。Bluetoothの接続距離は10mほどですので、10mほど離れた距離であればライブリスニング機能を利用できます。

また、Made for iPhone の補聴器を購入すればAir Podsも必要ありません。

補聴器がAir podsの代わりになる!?

実は、Air Podsの代わりに補聴器でライブリスニング機能を使用できます!(補聴器の代わりを探している人にとっては本末転倒ですが…)Made for iPhoneの補聴器はiPhoneとペアリングが可能。

補聴器がAir podsの代わりになるのです。またAir podsと同様にスマホの音楽や電話も聞けます。もし補聴器を購入するなら、Made for iPhoneの補聴器を是非。

以上、ライブリスニング機能についてご説明させて頂きました。 弊社取扱いのシグニア・GNリサウンドの器種はほとんどMade for iPhoneです。

興味のある方は7日間レンタルできますのできこえのお助け隊までお気軽にお申込みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補聴器がうるさい理由は鈴虫が教えてくれた 目立たない補聴器はどれ?

補聴器選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!

補聴器アドバイザー

きこえのお助け隊は、補聴器の累計販売台数10万台を達成しました!次の4つのお得ポイントが人気の秘訣。

4つのお得ポイント♪

  • 補聴器の「7日間無料貸出」
  • 購入後30日以内なら返品可能
  • 補聴器の電池ご購入後3年間無料
  • 使用しない補聴器の下取り

※一部のサービスに条件があります

上記の4つのサービスで、お得かつ失敗しない補聴器選びができますよ。

友だち追加

LINE公式アカウントはじめました!

お電話でのお問い合わせ【受付時間:月-金 9:00~17:00】

0120-133-958

新着記事一覧