補聴器説明(耳かけ補聴器)

補聴器の中でも代表的な補聴器で、最も装用されている方が多いのがこの耳掛け型補聴器です。

この耳掛け型補聴器は一言で表すのなら「万能型」です。ですがこの万能型が長所でもあり短所でもある補聴器です。

万能ではありますが、特化している部分がなく、ほかの機種の補聴器が適合している場合そちらを使用したほうがストレスの少ないご使用をすることができます。

補聴器を販売する側からすれば、どんな方にも合わせやすい耳掛け型は長所になりますが、ご使用される方からすればそれは長所ではありません。なぜなら自分の耳に合った補聴器であればなんでもいいからです。その為、各補聴器が対応しきれていない方にお勧めの補聴器となっています。

標準タイプとRIC(RIE)

耳掛け型補聴器には、標準タイプと新しいモデルのRIC(RIE)と呼ばれる2種類があります。この2種類は形状こそ似ていますが、全くの別物で利点と欠点もそれぞれ異なります。どちらも耳掛け型補聴器と呼ばれている所以はその名の通り耳に掛けて使用するからです。

耳掛け型補聴器の構造は三つに分かれており、耳に掛ける補聴器本体と耳の中に入れる耳栓それをつなぐチューブに分かれています。

補聴器本体には、プラグラムスイッチと呼ばれるあらかじめいくつか決めて調整してあるデータを手動で切り替えるスイッチや手動で音の大きさを変更できるボリュームコントロールスイッチが付属されています。またワイヤレス機能も標準で付属されていて、対象となる携帯電話への接続やより聞こえを便利にする周辺機器との接続も可能です。使用環境によってご自身で微調整をかけたい方は使いますが、そうでない方は全く使わない機能でもあります。

耳掛け型補聴器のメリット

耳掛け型補聴器の最大のメリットは、どんな聴力にでも対応できる所です。ほかの機種と比べ最も調整可能範囲が広いのが特徴になります。

補聴器が自分に合うか合わないかはそれぞれの補聴器で設定されている音の強さが重要になります。耳の構造にかかわらず耳介の後ろに補聴器本体をかけることで、大きさによる出力制限がかからず、高度用は高度難聴まで重度用は重度難聴までと幅広い出力調整ができ、どんな聴力にも対応できます。

耳掛け型補聴器のデメリット

耳掛け型補聴器の欠点は、補聴器自体がほかの補聴に比べ故障しやすい、故障ではない不具合が多いこの2点が挙げられます。

補聴器がほかの補聴器と比べ故障しやすい原因の多くは、汗によるものです。

耳掛け型補聴器は、本体を耳の裏側に置きますがそこは汗の通り道でもあり多くの汗が耳の裏側を通ります。その時、補聴器がある事によって、汗が補聴器本体へとしみ込んでしまうと、補聴器の機械部分にダメージを与えノイズが鳴ったり音が出なくなったりする原因になります。

また、耳掛け型補聴器はその仕様上多くのパーツから成り立っていますが、それが逆に音が小さくなったり出なくなる原因にもなります。補聴器本体は正常に動作していても、音が耳に伝達するまでに通るパーツに異常があり、音が小さく感じたり、音が止まってしまうという故障のような症状が現れることがあります。この症状の発生率が他の補聴器と比べると耳掛け型補聴器が最も多くなります。

最近では、補聴器自体に撥水加工するなどしてこの汗による故障が今までに比べ格段と軽減されるようになってきましたが、それでも0にならないのが現状です。また最新モデルのRIC(RIE)と呼ばれるモデルは、耳栓部分にレシーバーを搭載し補聴器本体の大きさを小さくし、目立ちにくくしながら他のパーツの不具合による音の低下を防ぐことができるようになってきました。

耳掛け型補聴器は万能型

冒頭にも記載した通りこの補聴器は万能型でありどんな聴力の方でも基本合います。ですが、これといった特化した部分がないのもこの補聴器ですので、この補聴器をお勧めできる方は、耳穴型補聴器に適合できない方となります。

耳の機能を最大限使用し、聴力の補助を行うという観点でお勧めできるのはやはり耳穴型補聴器が一番になります。ですが耳穴型補聴器が適合できない方もいらっしゃいます。(詳しくは耳穴型補聴器にて)そういった方々が使用する補聴器として耳掛け型補聴器があります。耳穴型と耳掛け型の違いは、形状にあります。耳穴型は人本来が音を聞く位置にマイクがありますが、耳掛け型の場合耳の上の位置にあります。その為適切な位置で音を聞くということに関しましては耳穴型が一番となるわけです。まずは耳穴型が適合するかどうか確認を行い、適合しない場合は耳掛けを選択するという選択方法が一番無難になります。

耳穴型も耳掛け型も、中の機械に関しては同グレードのものであれば性能に違いはありません、ですので耳掛けだから聞きづらいということはありませんので安心して下さい。

今は技術の進歩により、耳穴型と変わらない聞こえの耳掛け型補聴器も数多く存在しますが、あくまで機会によって疑似的に作り出していますので、耳の機能を最大限引き出すという点においては耳穴型に一歩譲ってしまいます。補聴器は長年使用するものでもありますので、耳穴型・耳掛け型両方の利点と欠点を把握したうえで、ご自身に合ったストレスなくご使用できるものを選ぶといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補聴器説明(骨伝導補聴器) 補聴器説明(耳穴補聴器)

まずは無料相談から

ご相談内容(複数選択可)

お電話でのお問い合わせ【受付時間:月-金 9:00~17:00】

0120-133-958

新着記事一覧