補聴器と集音器の違い

「補聴器」と「集音器」は呼び方が違うだけで、殆ど同じものだと思っている人は残念ながら少なくありません。
違いを理解しないまま集音器を使用して効果が得られなかったときに、「補聴器でも無駄だ」と早合点して聞こえの改善を諦めてしまったり集音器を使っていきなり大きな音を聞いてしまい、耳を傷めてしまったりと健康被害を及ぼす可能性もあります。
ここでは、補聴器と集音器の違いについてお伝えしていきます。
違いを理解して、どちらが良いか判断の参考にしてみてください。

違いその① 医療機器かそうでないか

「補聴器」という名称で流通している商品は、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)において管理医療機器「クラスⅡ」に分類された医療機器です。認可されるために、効果や安全性において厚生労働省が定めた基準を満たす必要があり、販売方法についても管理者の設置義務があります。

価格においても、非課税品目となっており難聴のレベルによっては自治体からの補助も受けることができます。

「集音器」については、医療機器ではないので、厚生労働省の認可も販売方法についても条件がありません。つまり、補聴器に比べて難聴者の健康面での効果や安全性が担保されてない、音を集める機器という家電雑貨に分類され消費税も課税対象ですし自治体の補助を受けることはできません。

違いその② 安価な「集音器」と高額な「補聴器」

価格面では、圧倒的に「集音器」の方が安価です。補聴器では安くても5万円ぐらいから50万円くらいと価格帯も幅広いですが、「集音器」の殆どは2~10万円以内、1万円以下でも購入できる商品もあります。

音を集めて大きくするだけの集音器と難聴者の聞こえに合わせて調整できる機能がそろっている補聴器との違いが金額の差になっているといえます。

違いその③ 高性能で多機能な「補聴器」とシンプルでお手軽な「集音器」

最近の補聴器は製品にもよりますが、不快な雑音を抑えたり、周囲の生活音から会話音を強調して聞き取りやすくしたり、周りの環境に応じて最適な音量に自動調整してくれたりする機能があります。また、難聴者一人一人の聞こえの状態に合わせて調整を行えるように様々な機能も搭載されています。

集音器は、細かな調整はできませんし、基本的に音を大きくするだけですが、その分価格も安価で、音量操作がシンプルで扱いやすくできていたり、製造販売の条件もないためインターネットや通信販売、家電量販店等でお手軽に購入することができたりします。

どちらを選ぶにしても、違いをしっかりと理解してから使用することが大切です。

補聴器と集音器の違いの違いについては、管理基準から販売方法、使用目的までがはっきり別なものと理解していただきましたでしょうか?

集音器の方が価格も安価で手軽に購入できるので、使用目的によっては難聴者でもあっている人もいると思います。しかし元々難聴者を対象として製造・販売している製品ではない集音器は、満足な効果を得られず聞こえを改善できない場合が多く、健康被害を引き起こす可能性もあります。

聞こえの不都合は一人一人違いますので、調整方法も千差万別です。そのため聞こえの改善をお考えであれば音量以外の微調整がいろいろとできる補聴器をお勧めいたします。

どちらを使うかは「補聴器」と「集音器」の違いをしっかりと理解した上でお選び下さい。

「聞こえのお助け隊」では聞こえの相談、聴力測定、補聴器のお試しを始め「今お使いの集音器で満足していない方」からのご相談もお受けしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補聴器の寿命と利用方法

まずは無料相談から

ご相談内容(複数選択可)

お電話でのお問い合わせ【受付時間:月-金 9:00~17:00】

0120-133-958

新着記事一覧