補聴器説明(骨伝導補聴器)

補聴器は、一般的には気道式を用いているものが主流ですが、中には骨を振動させ音を伝え認識させる骨伝導と呼ばれるものもあります。

気道式・骨伝導式の違いとは?

本来音とは、外耳→中耳→内耳へと伝わり、その中で音波を振動させ、水圧・電気信号に変換しながら聴神経へと伝わり脳へ伝達し認識します。

気道式

上記の行動をすべて使用し脳へ音を伝えるやり方で、人本来の聞こえ方を採用している方式になります。

骨伝導式

外耳・中耳を使用せず入ってきた音を機械で頭蓋骨を振動させ、内耳に伝える方式になります。最近では携帯電話でもこの方式を使用しているものも発売されていますので、聞いたことがある方もいらっしゃるかと存じます。

補聴器にも、一般的ではありませんがこの「骨伝導式」と呼ばれる補聴器が存在します。先にご説明した通り、骨を振動させ聞いた音を直接内耳へと伝達させる補聴器でこれこそがこの補聴器の最大の特徴でもあります。音の振動を直接内耳に伝達させるということは、外耳・中耳を使用しないということです。その為この外耳・中耳に何らかの異常があって聞きづらくなってしまっている難聴「伝音性難聴」と呼ばれる難聴になっている方に合う補聴器となっています。しかし、内耳・聴神経に異常があり聞きづらくなった難聴「感音性難聴」の方や伝音性難聴でも音を聞き取る力がない方が装用しても効果を得ることができない為、注意が必要な補聴器でもあります。

難聴の種類や耳の状態によって活用できる方・活用できない方が出てきますのでご自身の難聴の種類・状態をしっかり理解する事が重要になります。

感音性難聴と伝音性難聴

難聴には、主に感音性難聴、伝音性難聴の二種類があります。

伝音性難聴になってしまう主な症状としましては、過去・現在等で中耳炎を患い聴力低下につながった場合や鼓膜に穴が開いてしまった方・耳垢が外耳を塞いでしまっている方、生まれつき耳の穴がない方、鼓膜から内耳へと音を伝える骨「耳小骨」と呼ばれている部分の動きが鈍くなってしまった方などが当てはまります。

これらに該当した上で、骨導値と呼ばれる値が、0~20dB以内に入っておられる方であれば骨伝導補聴器を使用することができます。

なので、この骨導値の良し悪しによって骨伝導補聴器が使用できるかどうか決まります。

それ以外に使用できない方としましては、幼少期に難聴になり長年放置をした場合、音は入ってくるが理解できないというケースもあります。これを確認する為には、語音弁別測定を行う必要性があります。

現在いる難聴者のほとんどが、感音性難聴と言われています。その為、自分が伝音性難聴なのか感音性難聴なのかまた骨導値等はいくつかしっかり知る為には耳鼻咽喉科を受診しましょう。

受診し、耳の状態を調べていただければ、骨伝導補聴器への適正がわかります。

耳鼻咽喉科で、感音性難聴と診断を受けましたら、この補聴器を装用しても全く効果ありません。

また、耳垢の除去や鼓膜再生等耳鼻咽喉科で治療を受けることで、改善される場合もあります。

このように、数少ない伝音性難聴の方で骨導値が良く、語音弁別が良い方がこの骨伝導補聴器の適正を持ってらっしゃる方になります。逆に言えばそれだけ装用条件が厳しい補聴器でもあります。その為、一般的に主流になっておらず、数も少なく片耳20万・両耳で40万という非常に高価な補聴器となっております。

骨伝導補聴器の種類

眼鏡型とカチューシャ型の2種類があります。

眼鏡型はツルの部分にカチューシャ型は一番下の部分にそれぞれ振動版(骨導子)と呼ばれるものがついております。骨伝導補聴器はマイクで音を拾い、振動版から音の振動を出す仕組みになっています。

骨伝導補聴器のメリット

気道式の補聴器は、必ず耳栓で耳を塞ぐ必要性があります。骨伝導補聴器の場合はこの耳を塞ぐという必要性がありません。その為耳を塞ぐことで起きる自分の声の響きを感じなくなります。特に伝音難聴で骨導値が良い場合、耳を塞ぐと自分の声の響きが非常に気になります。それが感じにくくなることは、快適性が良くなるということで大きなメリットとなります。

また、耳を塞ぐことでかゆみが起こす耳の方もいらっしゃいますが、こちらも塞がないことでかゆみが起こりにくくなります。

補聴器自体の音質は骨伝導補聴器も通常の補聴器も大差ないと考えられていますが、耳を塞ぐ・塞がないで音質は変わります、なので上記の条件を満たしている方は骨伝導補聴器のほうがすっきり聞こえて良いかもしれません。

骨伝導補聴器のデメリット

骨伝導補聴器は、振動版を適切な位置に当てることで聞こえるようにする補聴器です。振動を伝達させるわけですからある程度強めに締め付けないとうまく音を伝達させることができません。しかし、あまり強く締め付けると痛みの原因にもなります。この調整加減が非常に難しく、調整によっては耳の裏側が痛くなる可能性があります。

装用面では、補聴器自体が大きくまた一定の位置に振動版を当て続ける必要性があります。その為、物や人にぶつかったりしてこの振動版の位置が適正な位置から外れますと聞こえなくなります。その場合、随時適正な位置へ振動版を戻す作業が必要となります。

また、適正な位置に振動版をある程度の強さで当て続けるわけですから、長い間装用を行った場合、振動版を当て続けていた箇所がへこむ可能性があります。

カチューシャ型の場合、メガネが掛けづらくなります。ちょうどメガネのツルがカチューシャ型と交差する部分がでてしまいますので、うまくかけることができないうえ、ツルとカチューシャ型の接点の部分すべるため、外れやすくもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補聴器説明(耳かけ補聴器) 補聴器説明(メンテナンス方法)

まずは無料相談から

ご相談内容(複数選択可)

お電話でのお問い合わせ【受付時間:毎日 9:00~22:00】

0120-133-958

新着記事一覧