耳鳴りの原因と対策

悩む男

※命にかかわる危険な耳鳴りもあります。耳鳴りを感じたら、病院に行くことをおすすめします。

人口の約1割難聴者の約9割が患わっていると言われる耳鳴り。

「耳鳴りが煩わしいけどどうしたら良いかわからない」

上記のような切実なお悩みから、このページに辿りついた人も少なくないはず。

実は、耳鳴りは誰でもできる簡単な方法で改善できるのはご存知でしたか?耳鳴りの原因によっては、生活習慣を整えるだけで改善する可能性があります。

今回、耳と関連の深い補聴器店に勤める私が、耳鳴りの原因、病気、対策方法などをご紹介します。耳鳴りについて知ると、適切な方法で音を抑えることができますよ。

最初に、耳鳴りの種類と仕組みについてご紹介します。

この記事を書いた人
山田 元一(やまだ もとかず きこえのお助け隊
「最近聞こえが悪くなった…」このような悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。しかし、聞こえについて相談できる人や、機会はそう多くないのが現状。これまで補聴器の相談を100件以上承ってきた私が、補聴器や聞こえ全般に関する情報を余すことなくお伝えいたします。

目次

耳鳴りの種類と原因

最初は耳鳴りの種類からご紹介します。なぜなら、耳鳴りの種類によって対処法もかわるためです。

耳鳴りの代表的な種類は、次の2つです。

種類 症状(聞こえ方) 原因
他覚的耳鳴り コツコツ、ドクドク 耳の周りの筋肉の痙攣、など
自覚的耳鳴り キーン、ジーン 難聴が原因、など


次で、上から順にご説明します。

他覚的耳鳴り


他覚的耳鳴りは、本人以外でも聴診器などで聞くことができます。他覚的耳鳴りが発症する原因は、次の通りとなります。

・耳の周りにある筋肉の痙攣
・動脈瘤
・血管腫瘍、など

他覚的耳鳴りは、中耳や耳の近くにできた血管の異常が原因です。一般的に「コツコツ」「ドクドク」というような音が特徴。症状として、拍動音(心臓の音)が聞こえるなどがあります。他覚的耳鳴りは、血管の異常などが原因ですので、病院での処置が必要です。

自覚的耳鳴り


自分のみ自覚できる耳鳴りを、自覚的耳鳴りと言います。一般的に世間で発症しているほとんどの耳鳴りが、自覚的耳鳴りです。「キーン」「ジー」という音が特徴です。自覚的耳鳴りが発症する原因は、解明されていません。

こういった自覚的耳鳴りの原因の一つとして難聴があると言われています。こちらについて次でご説明します。

難聴が原因


難聴によって音が聞こえにくくなると、脳が音を拾う感度(電気信号)を増幅します。これが繰り返されると、そのうち音がなっていないのに、電気信号を増幅するようになります。この電気信号の反応が、音が鳴っていると勘違いし、耳鳴りになるのです。

難聴が原因の耳鳴りの場合、補聴器を装着すると改善することがあります。理由は後ほど「補聴器が有効になる耳鳴りは?」でご紹介です。

ここまでの説明で、耳鳴りの原因の一部を把握頂けたかと思います。他覚的耳鳴りは、血管の異常で引き起こされる可能性があります。血管の異常ですので、治療をすると改善する可能性があり、病院に行くことがおすすめです。

しかし、耳鳴りを自覚している約9割の方が、自覚的耳鳴りです。

実は自覚的耳鳴りは、生活習慣の問題で発症する可能性があるのはご存知でしたか?生活習慣が問題の場合、生活を正せば改善する可能性があります。

次に、生活習慣で発症する耳鳴りと、その対処法についてのご説明です。

生活習慣で起こる耳鳴りと、その対処法

生活習慣

生活習慣で耳鳴りを引き起こしている場合、次のような原因が考えられます。

・疲労、睡眠不足、ストレス
・耳に異物が混入、耳垢がたまっている
・大きな音を長時間聞く

次で、上から順にご説明します。

疲労、睡眠不足、ストレス


疲労、睡眠不足、ストレスが原因の場合、自律神経が不安定になり耳鳴りを引き起こします。これらの場合は、ストレスを減らし生活習慣を整えると改善します。

耳の異物が混入・耳垢がたまっている。


上記のような原因は、耳の異物を取り除くと改善する可能性があります。異物が詰まっていることで、聞こえが悪くなり、耳鳴りを発症しているのです。異物が入っていると、耳から「ガサガサ」「コトコト」という音がします。自分で取ると危険もありますので、耳鼻科で取り除いてもらうことがおすすめです。

大きな音を長時間にわたって聞く


大きな音を長時間にわたって聞くと、耳鳴りが発生する可能性があります。大きな音で、音を拾う細胞が損傷し、聴力が低下しているためです。
例えば、パチンコ店などの音が大きい場所や、ヘッドフォンで大音量の音楽を聴くなどが挙げられます。一度傷ついた細胞は戻りませんので、音が大きい場所に行くのを控えるなどの注意が必要です。

以上、日常生活の問題でおこる耳鳴りの原因でした。しかし日常生活の中で、ストレスや睡眠不足を避けることは難しいもの…。そこで次に、耳鳴りの対処方法をいくつかご紹介します。次で、あなたに合った耳鳴りの対処法を探しましょう。

日常生活の耳鳴りの対処法


日常生活が原因の耳鳴りの対処方法は、次の通りです。

・ストレスを解消する
・質の良い睡眠をとる
・血流を良くする
・音響療法
・心療療法ストレス
・薬物療法

次で、上から順にご説明します。

ストレスを解消する


ストレスを解消しましょう。例えば、好きな音楽を聴きながら、適度な運動をするなどがおすすめです。ストレスを解消して、規則正しい生活を心掛ける事が、耳鳴りの改善に繋がります。

質の良い睡眠をとる


睡眠時間が少ない人は、睡眠時間の確保をする事が大切です。また、睡眠時間を確保できている方でも、翌朝疲れが取れていない場合は、質の良い睡眠がとれていない可能性があります。睡眠前にTV、携帯の利用を控え、疲労を少なく寝るようにしましょう。また、まくらの高さや寝具などを見直しするのもおすすめです。

血流を良くする


血流が悪くなることで耳鳴りが発症するケースがあります。血流は、禁煙、食事のバランスを整える、適度な運動などで良くなる可能性があります。

音響療法


耳鳴りを軽減する器械として、サウンドジェネレーターがあります。サウンドジェネレーターは、少量の音を鳴らすことで、耳鳴り気にならなくする器械です。耳鳴りは静かな環境ほど気になり苦痛に感じますが、ある程度音があると気になりません。
サウンドジェネレーターは、補聴器と同じような形状です。最近では、サウンドジェネレーターの機能が付加された補聴器が販売されています。

心療療法


精神的な乱れが、耳鳴りの原因になります。精神的ストレスの場合、心理カウンセラーなどの診療を受け、根本的な原因を解消することが重要です。

薬物療法


薬局などで耳鳴りを抑える薬、漢方が販売されています。また、血流を整えるビタミン剤や精神安定剤、抗うつ剤などでも耳鳴りを緩和させることが可能です。

以上、日常生活が原因の耳鳴りと、その対処法でした。日常生活でおこる耳鳴りの場合は、比較的簡単に改善します。しかし、病気が原因で耳鳴りを引き起こしている場合、重症になる恐れがあるので注意が必要です。次は、病気でおこる自覚的耳鳴りの原因についてご説明します。

病気が原因で起こる耳鳴り

耳鳴り
次が、病気が原因の耳鳴りの一例です。

・突発性難聴
・加齢性難聴
・中耳炎
・メニエール病
・脳腫瘍・脳梗塞・脳出血

上から順にご説明します。

突発性難聴


突発性難聴自体の原因は、明確にはされていません。ただ、原因として感染症などの病気が考えられます。また、発症前に耳鳴りを伴うことが多いため、そうした症状が出たら早急に病院に行くことをおすすめします。一般的には、突発性難聴が発症してから48時間以内なら、治療が有効と言われています。

加齢性難聴(老人性難聴)


一般的に加齢が進むと、音を感知する有毛細胞が減少します。上記でもご説明させて頂きましたが、難聴は耳鳴りの原因のひとつ。加齢性難聴の初期は、難聴の自覚が少ないです。もし高齢者で耳鳴りが発症した場合は、加齢性難聴の可能性があるため、聴力の確認が必要です。

中耳炎


耳鳴りの原因が中耳炎の場合、同時に耳の痛みや頭痛が伴います。そのまま、放置していると悪化し難聴になる可能性が大きいです。早期の治療をお勧めします。

メニエール病


耳鳴りの原因がメニエール病の場合、めまいや嘔吐を伴います。耳鳴りは「ザー」という低い音が特徴。メニエール病は放置をしていると症状が悪化する危険性があります。めまいと共に耳鳴り、嘔吐を感じたら病院に受診に行きましょう。

脳腫瘍・脳梗塞・脳出血


脳の病気から起こる耳鳴りは、命にかかわることが多くもあります。なぜなら、脳の組織や血管の障害で発症しているためです。症状としては、両耳での耳鳴り、めまい、嘔吐、手のしびれなどが挙げられます。これらの症状を伴っているときは直ちに病院に行きましょう。
以上が、日常生活と病気からおこる耳鳴りの原因でした。病気が原因の耳鳴りは、病院の治療が有効となります。ただ、病気によっては結果として補聴器を進められる可能性があります。次で補聴器で改善される耳鳴りの原因をご紹介します。

補聴器が有効になる耳鳴りは?

一般的に補聴器が有用な症状は次の通りです。

・伝音性難聴
・感音性難聴
・加齢性難聴
・突発性難聴

※補聴器の購入前に医師の診断をおすすめします。

なぜ補聴器が耳鳴りに聞くのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

理由としては下記の2つが挙げられます。

・補聴器の聞こえ改善があることによって、音を拾う感度が下がるため
・音が聞こえやすくなるため、耳鳴りの音が他の音にかきけされて聞こえなくなるため

次で上から順にご説明します。

脳が感度を下げる


上記でもご説明させて頂きましたが、耳鳴りの一因は難聴でした。聞こえが悪いこと、音を拾う感度が高まっているのです。そのため、補聴器で本来の聞こえを取り戻すことで、音を拾う感度を下げることができます。

耳鳴りの音が他の音にかき消されて聞こえなくなる


補聴器を装用する事で、環境音や話し声がより聞き取りやすくなります。音が聞こえるようになると、耳鳴りの音よりも他の音に意識が逸れるのです。

研究よると、普段耳鳴りを感じていない人を無響音室に閉じ込めると、約90%の人が耳鳴りを感じたというデータがあります。このことから、ある程度音があったほうが、耳鳴りは聞こえにくくなる可能性があります。そのため、周囲の音を拾う補聴器がおすすめです。


以上、補聴器が有効になる病気でした。難聴が原因で耳鳴りを発症している場合、補聴器がおすすめです。耳鳴りだけでなく、聞こえも同時に改善することができます。

とはいえ、実際に補聴器で耳鳴りが改善されるか不安ですよね。できることなら、購入前に効果を確認したいところ…。

そこで購入前レンタルサービスがある、弊社のきこえのお助け隊について紹介します。弊社のサービスを利用されると、耳鳴りの改善効果を確認してから購入に進むことができますよ。

次で、きこえのお助け隊についてご紹介します。

きこえのお助け隊の訪問サービスを利用しよう。

きこえのお助け隊

基本的に弊社のサービスは、補聴器本体の付属品の購入代金以外はお金を頂いておりません。そのため、カウンセリング中に補聴器を使用して聞こえと耳鳴りが改善されなかった場合のお金は不要です。また、短時間の使用だけでは判断できない方であれば、1週間の無料レンタルサービスもしくは、1ヶ月の無料返品サービスを行っております。無料レンタル・返品サービスのメリットは次の通りです。

無料レンタル・返品サービス


補聴器1週間無料レンタルサービスは、効果を確認してみたい器種を1週間レンタルして頂けます。もし、レンタル期間中に補聴器が生活に合わない、耳鳴りが改善しないようであれば器種をお返し頂いて終了です。費用は一切かかりません。

また1週間より長く補聴器を試してみたい方は、1か月返品無料サービスがおすすめ。補聴器購入後1か月以内なら無料で返品できるサービスとなります。


実際に補聴器を使用してみないと不安、購入する器種を試してみたいそのような方に人気です。この2つのサービスで、購入後の補聴器から音が聞こえないなどのトラブルを未然に防ぐことが可能。お客様にも安心して購入に進んでいただけます。

※1週間無料レンタルサービスと、1か月無料返品は併用することはできせん。

また、きこえのお助け隊は全国対応。全国対応は、次のような方に便利です。

「遠くに離れて暮らす、両親の補聴器を調節してほしい」
「近くに補聴器店がない」

お店をもたないきこえのお助け隊だから、どれだけ離れた場所でもお伺いすることができます。また、全国展開だから離れて住む両親や親せきの補聴器の相談・調節依頼も簡単です。遠くに暮らすご両親や親せきが、聞こえにくい上に、耳鳴りに悩まれているのは不安ですよね。

とはいえ、知らない土地の補聴器店を探すのは大変なもの…。しかし、きこえのお助け隊は全国展開だから、近くのスタッフがすぐにかけつけることが可能です。補聴器の使用者だけでなく、ご家族の方も安心のサービスです。

きこえのお助け隊は、このような実績が評価され補聴器累計販売台数は10万台を達成しました。10万台達成という実績を基に、あなたの耳鳴りを改善する、補聴器を一緒にお探しします!

きこえのお助け隊に依頼される場合は、下記からご連絡いただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
突発性難聴 感音性難聴

補聴器選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!

補聴器アドバイザー

「結局のところ、どの補聴器が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、補聴器のプロに無料で直接相談ができる「補聴器アドバイザー」をぜひご利用ください。 経験豊富な補聴器のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な補聴器をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

  • 電話の声が聞きづらい。
  • みんなの話についていけない。
  • 家族と会話が成り立たないから、疎まれる。
  • 人とうまくコミュニケーションが取れないから、伝えることができない。
  • 鉄道のアナウンスなど、外からの情報が聞き取れないから、外出が怖い。
  • 病院などで受付の呼び出しに気付かないことがある。
  • 家族、友人から何度も聞き返されてストレスが溜る。
  • 単純に耳が聞こえづらい。

当サイトの補聴器アドバイザーがあなたのお悩みを解決します!

お電話でのお問い合わせ【受付時間:月-金 9:00~17:00】

0120-133-958

新着記事一覧