耳鳴りの原因と対策

耳鳴りを患っている人はそれぞれに聞こえている音が違います。「ジー」「キーン」というような耳鳴りがしています。耳鳴りには他覚耳鳴りと自覚的耳鳴りの2つがあり、耳鳴りが起こってしまう原因と対策を紹介していきます。

耳鳴りの種類と発症の原因

耳鳴りの種類には2つあり、耳鳴りが発症している自分自身しか聞こえない耳鳴りが自覚的耳鳴りといい、自分自身以外に他人にも聞こえるのが他覚的耳鳴りと言います。

一般的に発症している耳鳴りのほとんどが自覚的耳鳴りですが、「キーン」「ジー」というような音が聞こえると言われています。自覚的耳鳴りが起こる原因ははっきりと解明されていませんが、ただ難聴や内耳の疾患などの可能性がありますので何もしないことではなく注意が必要です。

他覚的耳鳴りの原因としては耳の周りにある筋肉の痙攣や、血流時に生じる雑音などが聴神経を刺激して発症します。音としては「コツコツ」「ドクドク」というような音が聞こえると言われています。他覚的耳鳴りの場合は聴診器などで医師も聞くことが出来ると言われています。

耳鳴りがどういう風に起こるか、そのメカニズムを紹介します。

耳鳴りが発症するメカニズムは現状でははっきりと解明はされていません。ただし音が脳に伝わる道筋のどこかで起きている障害が原因で発症していると言われています。

1つの仮設としては、音は振動として耳に入り内耳で電気信号に変換し脳で処理を行います。その道筋のどこかで問題があり脳に伝える信号が少なくなると、脳が音の感知する精度を上げようとしてしまい、結果本来受け取らなくてもいい電気信号が脳に伝わり耳鳴りとして感知してしまうと言われています。

命にかかわる危険な耳鳴りもある。耳鳴りを引き起こす原因とは

耳鳴りを体験している人は沢山いると言われています。

原因は人により色々あると言われていますが、中には深刻な病気の原因が含まれているかもしれません。耳鳴りをおこす原因をいくつか紹介していきます。

耳鳴りを軽く思うのではなく、病院で危険な病気が隠れていないかを調べる事が重要です。

日常生活で起こりうる原因

疲労・睡眠不足・ストレス

こういった理由により、自律神経が不安定になり耳鳴りを引き起こします。

耳の異物が混入・耳垢がたまっている。

耳に異物が入っていたり、耳垢が溜まると「ガサガサ」「コトコト」という音がします。
自分で取ると危険もありますので、耳鼻科で診断を受けましょう。

大きな音を長時間にわたって聞く

騒音、ヘッドホンなどで大きな音を長時間にわたって聞くと内耳の細胞に負担がかかってしまい損傷している可能性があります。長引くようであれば受診が必要となります。

病気が原因となっているもの

突発性難聴

突発性難聴自体の原因はいまだ明確にはされていませんが、ただ発症前に耳鳴りを感じる人が沢山います。また感染症などの病気も原因の1つとされていますので、感染症になり耳鳴りがする事は要注意と考えた方がいいでしょう。突発性難聴は48時間以内に適切な治療が重要であるために、耳鳴りのサインを見過ごしてしまうと危険な症状になります。

加齢性難聴(老人性難聴)

加齢とともに音を感知する有毛細胞が損傷していきます。それが難聴や耳鳴りの原因になるといわれており、加齢性難聴は軽度のうちは自覚は少ないと言われていますが、耳鳴りは加齢性難聴のサインが隠れているかもしれませんので、定期的に聴力を確認が必要という事です。

中耳炎

中耳炎の場合、痛みや頭痛を伴いますが、放置していると悪化してしまい難聴になる可能性が大きくあります。早期の治療をお勧めします。

メニエール病

メニエール病を発症時に起こる耳鳴りはめまいや嘔吐を伴うのが特徴といわれています。「ザー」という低い音が特徴ですので、メニエール病は放置をしていると悪化する危険性がありますので、めまいと共に耳鳴りを感じたら病院での受診をお勧めします。

脳腫瘍・脳梗塞・脳出血

脳の病気から起こる耳鳴りがとても危険です。脳の組織や血管の障害で発症し、命にかかわることが多くもありますので、両耳での耳鳴り、めまい、嘔吐、手のしびれを伴っているときは直ちに病院の受診を受けてください。

耳鳴りの対処方法

色々な原因から起こる耳鳴りですが、疾患、脳に病気が原因であれば治療をすれば、病気を治すことで改善は見込めますが、病気が原因でない場合は耳鳴りを治す事は難しいのが現状です。生活習慣を改善することで耳鳴りの軽減が考えられます。

ストレスを解消する

精神的なものや肉体的なものがありますが、まずは生活習慣の見直しをしてはいかがでしょうか。不規則な睡眠をしない、暴飲暴食を控える。好きな音楽を聴いて適度な運動をして気持ちを切り替える。規則正しい生活を心掛ける事が改善には重要です。

質の良い睡眠をとる

睡眠時間が少ないと自覚がある人は、まず睡眠時間を確保をする事が大切です。また睡眠時間を取っているという自覚がある人は、質の良い睡眠がとれていない可能性がありますので、寝具の見直し、睡眠前にTV、携帯の利用を控える。質を上げる意識が大切です。

血流を良くする

血流が悪くなることで耳鳴りが発症するケースもありますので、血流を良くするために喫煙を控える、食事のバランスを整える事に加え、適度な運動、例えばウオーキングなどから始めるといいでしょう。

音響療法

耳鳴りを無くすのではなく、外からの音で気にならない状況を作ることが目的になります。耳鳴りとは静かな所であればあるほど気になり苦痛を感じますが、周りがうるさい環境であれば気にならなくなります。補聴器やサウンドジェネレータなどを使い不快に感じない音を長時間聞くことで耳鳴りが気にならない環境を作るといいと言われています。

心療療法

ストレス、精神的な乱れが発症の原因にもなります。自律神経を整え、精神状態を落ち着かせることで発症を軽減する目的となります。

こういった場合は、心理カウンセラーなどの診療を受け根本的な原因を突き止めて、ストレスを解消させましょう。

薬物療法

耳鳴を消してくれるというような効果のある薬はありません。しかし薬で症状を緩和させることは可能と言われています。血流を整えるビタミン剤、精神安定剤、抗うつ剤などがそれに当たります。

耳鳴りの軽減には補聴器が効果的な場合もあります

耳鳴を軽減するための補聴器の装用理由として2つあります。

脳が音の感度を上げる必要がなくなる

耳鳴とは外からの音が脳に伝える量が少なくなるほど、音に対する感知する精度が上がってしまい、起こることがありますので、補聴器で強制的に脳に音を伝える事で音を感知する精度を上げなくて済むことになり耳鳴りの軽減につながると考えます。

耳鳴りの音が他の音にかき消されて聞こえなくなる

補聴器を装用する事で、環境音、話し声がより多く入り聞き取りやすくなることにより、耳鳴りの音よりも他の音に注意が行くことで耳鳴りが聞こえなくなるという可能性があると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
周囲のサポート方法 耳の病気の症状と特徴

まずは無料相談から

ご相談内容(複数選択可)

お電話でのお問い合わせ【受付時間:毎日 9:00~22:00】

0120-133-958

新着記事一覧